日時 平成30年1月20日 土曜日
平成30年2月3日   土曜日
場所 台東区立金竜小学校
対象者 6年生58名  5年生77名

台東区立金竜小学校では、平成24年度から毎年継続して出前授業を行わせていただいておりますが、今年も1月20日(土)に6年生2クラス(58名)、2月3日(土)に5年生2クラス(77名)の児童を対象に、出前授業を行いました。

6年生に対しては、「働くこと」をテーマにした授業を行いました。まず5種類の職業の人に登場いただき、それぞれの仕事の大変なところを考えてもらいました。続いて、働くとどんないいことがあるのか、人はなぜ働くのか、夢をかなえるために必要なことは何かをグループに分かれて話し合ってもらいました。夢に向かって努力することは自分自身を成長させ、働くことを通じて人は自己を確立し、社会に貢献していく、だから働くことは素晴らしい!と教えました。

5年生に対しては、5年前から使用しているパワポ教材を一部見直し、バージョンアップした「社会のしくみ~支え合うってどういうこと?」をテーマにした授業を行いました。こちらから語りかけるだけでは子ども達の集中が続かないので、7問のクイズを随所に入れ込み、それを通じて社会保険について学んでもらうという構成にしました。クイズはグループ対抗戦にしたのでかなり盛り上がりました。アンケートをみると、1番面白かったのはクイズ、次に我々が演じた劇でした。授業に参加した子ども達は将来必ず年金保険料を納付し、社会を支えてくれる大人になることでしょう。